『ボヘミアン・ラプソディ』映画パンフレット内容紹介【Queen】

映画タイトル ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)
内容
  • イントロダクション
  • ストーリー(あらすじ)
  • キャストインタビュー
  • スタッフコメント
  • プロダクションノート(メイキング)
  • コラム・対談
  • クイーントリビア
  • ディスコグラフィー
  • Queen年表
インタビュー掲載キャスト
  • ラミ・マレック
  • ルーシー・ボーイントン
コメント掲載スタッフ
  • グラハム・キング(プロデューサー)
  • ブライアン・メイ(Queenリードギター/音楽総指揮)
コラム・対談
  • 「個から公へ」飛躍を遂げゆく彼らの姿(増田勇一)
  • 日本の女性ファンとクイーンの蜜月(東郷かおる子)
  • クイーンと過ごした日々~来日時の懐かしい思い出(伊丹久夫×小林禮子)
ちえまが評価 ★★★★★(5/5)
値段・詳細

イントロダクション

  • 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の見どころ
  • Queen/フレディ・マーキュリーとは?
  • キャスト・スタッフ紹介

ストーリー(あらすじ)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』あらすじ紹介。

中盤までのネタバレあり

WHY DO THEY LOVE QUEEN?

音楽界のスーパースターたちの、Queenに対する評価。

アーティスト一覧
  • ケイティ・ペリー
  • レディー・ガガ
  • アダム・ランバート
  • エリック・クラプトン
  • モンセラート・カバリエ
  • メラニー・C
  • オジー・オズボーン
  • アニー・レノックス
  • テイラー・ホーキンス(フー・ファイターズ)
  • デイヴ・グロール(ニルヴァーナ、フー・ファイターズ)
  • ジェイムズ・ヘットフィールド(メタリカ)
  • ラーズ・ウルリッヒ(メタリカ)
  • ロバート・プラント(レッド・ツェッペリン)
  • アクセル・ローズ(ガンズ・アンド・ローゼズ)
  • ビリー・コーガン(スマッシング・パンプキンズ)

僕が彼のライブ映像を見るのが大好きなのは、彼がまるでステージに上がるために生まれたように思えるからだ。(アダム・ランバート)

引用:「ボヘミアン・ラプソディ」映画パンフレット

キャストインタビュー

ラミ・マレック

ボヘミアン・ラプソディ

インタビュー内容

  1. 役作りはどのようにしましたか?
  2. 彼の曲に共通するテーマを見つけましたか?
  3. 映画の中で、素晴らしいショーマンへと変わっていきますね。
  4. フレディの動きはどのように身につけましたか?
  5. フレディとしてのあなたの声を、ブライアン・メイとロジャー・テイラーが初めて聴いたのはいつですか?
  6. ブライアンとロジャーからは何と言われましたか?
  7. フレディとメアリー・オースティンの関係について教えてください。
  8. フレディは自身のセクシュアリティを公表していませんでした。
  9. Queenの曲で一番好きなのは?

彼の曲に共通するテーマは、間違いなく、愛だね。愛を求め、愛を見つけることへの切実なニーズ。そして、かなわない、その願い。彼は、生涯を通じて愛を探し続けていた。

引用:「ボヘミアン・ラプソディ」映画パンフレット

ルーシー・ボーイントン

ボヘミアン・ラプソディ

インタビュー内容

  1. あなたが演じたメアリー・オースティンについて教えてください。
  2. 他の有名な音楽と同様、Queenの音楽も我々の中に浸透していますよね?
  3. メアリーについて、自身ではどんなことを調べましたか?
  4. 実際のメアリーを基にキャラクターを独自に作り上げたそうですね。
  5. ブライアンとロジャーに会われて、どうでしたか?
  6. ラミ・マレックとは準備をするために、撮影前に会ったりしましたか?
  7. ラミ・マレックと最初に会ったのがアビイ・ロードだったのはなぜ?
  8. この映画から観客は何を受け取ると思いますか?
  9. Queenの曲で一番好きなのは?

フレディは他人にレッテルを貼られたり、分類されたりすることの窮屈さを、たぶん無意識のうちに超越してしまうのだけれど、それを見たらきっと勇気づけられると思うわ。

引用:「ボヘミアン・ラプソディ」映画パンフレット

スタッフコメント

グラハム・キング(製作)

私はこの仕事に就いて以来、幸運にも偉大な役者たちとコラボレーションしてきた。だが、フレディ役を演じたラミ・マレックの演技は、これまで私が観たことのないようなレベルに達している。(グラハム・キング)

引用:「ボヘミアン・ラプソディ」映画パンフレット

ブライアン・メイ

ボヘミアン・ラプソディ

これは伝記映画ではなく、硬い岩から掘り出されたような、純粋なアートだ。決して楽な旅ではなかったが、価値のある旅というのは、すべてそういうものだ。(ブライアン・メイ)

引用:「ボヘミアン・ラプソディ」映画パンフレット

プロダクションノート(メイキング)

ボヘミアン・ラプソディ

メイキング内容

  • 事実に忠実な映画化が実現
  • 映画史上最も難しいキャスティング
  • ブライアン・メイのアーカイブから貴重な衣装や楽器を提供
  • 巨大ステージから小道具まで、ライヴ・エイドの完璧な再現
  • 傑作が生まれたレコーディング・スタジオと華麗なるフレディの家
  • フレディの独自のファッションとヘアメイクを再現
  • フレディ自身の歌声が使われ、全ての人に捧げる感動の物語がついに完成

この映画を観た人たちが、自信を持ってくれるとうれしいね。今の自分でいいんだと知ってほしい。そして、そういう自分を楽しめばいいんだよ。(ラミ・マレック)

引用:「ボヘミアン・ラプソディ」映画パンフレット

クイーントリビア

  • Queen
  • フレディ・マーキュリー

にまつわるトリビアをまとめたページ。

トリビア内容

  1. フレディ・マーキュリー
  2. ブライアン・メイ
  3. ロジャー・テイラー
  4. ジョン・ディーコン
  5. フレディの歯
  6. ボヘミアン・ラプソディ
  7. エンブレム
  8. 親日家
  9. モンセラート・カバリエ
  10. アルバム・タイトル
  11. ガーデン・ロッジ
  12. フレディ・フォー・ア・デイ
  13. 小惑星17473

2016年9月、フレディの生誕70年を記念して、国際天文学連合は、小惑星17473を「フレディマーキュリー(Freddymercury)」と名づけた。

引用:「ボヘミアン・ラプソディ」映画パンフレット

ディスコグラフィー

Queenがこれまで制作した、全オリジナル・アルバムの紹介。

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

クイーン
2,399円(10/17 21:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

Queen年表

Queenの活躍について、バンド『スマイル』結成(1968年)から『クイーン+アダム・ランバート』活動開始(2012年~)までを年表にまとめたページ。

コラム

増田勇一

音楽評論家「増田勇一」氏による、Queenメンバー4人の個性や活躍の紹介・考察。

何よりも大切なのは、いわば時空を超えた存在となった現在も、その”個”はまったく失われていないという事実だろう。そこに、クイーンがクイーンとして成立し続けている理由があるはずなのだ。(増田勇一)

引用:「ボヘミアン・ラプソディ」映画パンフレット

東郷かおる子

音楽評論家「東郷かおる子」氏による、当時のQueenブーム考察ページ。

後年、ブライアン・メイが「まるで違う惑星に降り立った気分だった」と回想しているが、それが大袈裟とは思えない熱狂ぶりだった。

引用:「ボヘミアン・ラプソディ」映画パンフレット

伊丹久夫×小林禮子(対談)

  • フレディのボディガードを計7回務めた、東京パトロール「伊丹久夫」氏
  • フレディをはじめ、数々の大スターの通訳を務めた、通訳者「小林禮子」氏

日本で最もフレディ・マーキュリーと接してきた2人による、豪華対談。

「日本にいる時は伊丹がいるから」というフレディの言葉が雑誌に掲載されていたのを知り、そんなことまで話してくれていたなんて……と。僕の警備人生の中で最高の経験と思い出ですよ。(伊丹久夫)

引用:「ボヘミアン・ラプソディ」映画パンフレット

まとめ

ちえまが編集部
  • Queenファン
  • 映画『ボヘミアン・ラプソディ』ファン

すべてのファン必携の一冊でした…♪

映画に感動した人は、パンフレットで2度目の感動を味わうことになります。。

おすすめ内容

  • 「ラミ・マレック」インタビュー
  • 「ルーシー・ボーイントン」インタビュー
  • 各著名人さんによる濃厚コラム
  • 伊丹久夫さんと小林禮子さんによる、豪華すぎる対談

読んでほしい人

  • 映画『ボヘミアン・ラプソディ』に感動した人
  • 昔からのQueen/フレディ・マーキュリーファン
  • 映画を観てQueenを好きになった人

通販情報(定価・詳細)