『ザ・ボーイズ』3話あらすじ/登場人物/見どころ紹介【収穫】

どクズ・スーパーヒーロードラマ『ザ・ボーイズ』第3話の、

  • あらすじ
  • 登場人物(キャラクター)
  • 見どころ

を紹介していきます♪

ホームランダーの下衆っぷりがたまらない。。(笑)

『ザ・ボーイズ』第3話の見どころ3つ

1.クイーン・メイヴ、本格参戦!

第1話のトラック追突以降、ほぼ登場しなかったクイーン・メイヴ。

第3話で、ようやく本格参戦します。

ザ・ボーイズ(クイーン・メイヴ)

どう見ても『ワンダーウーマン』な彼女は、

  • 身体能力
  • 各ヒーローとの関係
  • いいヒーローか、それとも下衆か?

けっこう曖昧で、今のところ謎だらけ。

ワンダーウーマン好きは、クイーン・メイヴの本格参戦をお楽しみに。。

2.身体能力増強剤「コンパウンドV」

ちえまが編集部
スーパーヒーローって、X-MENみたいな生まれつきの力じゃないの?

って思ってたのは、ついこの間の自分。

そういうヒーローもいるとは思うんですが、第3話で明かされるのは「身体能力増強剤」の存在。。

ザ・ボーイズ(ビリー)

コンパウンドVと呼ばれるその薬物は、どうやらスーパーヒーローの能力を一時的に高めることができるらしい…。

これを使ってヒーロー活動してるとしたら、オリンピック選手がドーピングしてるようなもの。

明らかに違法だし、ヒーローとしての信頼が揺らぐ事実です。

しかし、ヒーローを蹴落としたいザ・ボーイズたちにとっては、これ以上ない大チャンス。

第1話で存在だけは示唆されていたコンパウンドVが、ついに物語に絡んできます。

3.ザ・ボーイズ、ついに宣戦布告

第1話で拉致し、第2話で殺されたスーパーヒーロー「トランスルーセント」。

その死体が、ついにスーパーヒーロー側に見つかります。

見つかったというより「見つけさせた」が正しい。

ザ・ボーイズたちは、3話目でついにスーパーヒーローたちに宣戦布告します。

ザ・ボーイズ
ちえまが編集部
第3話以降、急加速しそうな展開にもワクワクできるストーリーでした♪

『ザ・ボーイズ』第3話の登場人物(キャラクター)紹介

ザ・ボーイズの勢力

ヒューイ

ザ・ボーイズ(ヒューイ)

スーパーヒーローに憧れていた、ごく普通の青年。

そのスーパーヒーローに恋人を殺され、ザ・ボーイズの一員となる。

ビリー

ザ・ボーイズ(ビリー)

元FBI、ガラの悪そうな男。

過去の仕事仲間と共に、スーパーヒーローの悪事を暴こうとする。

フレンチー

ザ・ボーイズ(フレンチー)

裏稼業を営む人物。

マザーズミルクとは犬猿の仲。

マザーズミルク

ザ・ボーイズ(マザーズミルク)

ビリーのかつての仕事仲間。

フレンチーとは犬猿の仲。

スーパーヒーローの勢力

ホームランダー

ザ・ボーイズ(ホームランダー)

世界最高・最強のスーパーヒーロー。

思い通りに活動できない鬱憤が溜まり、その行動はどんどんエスカレートしていく。

クイーン・メイヴ

トラックに追突されても傷一つつかない身体能力を持つ、大人気のスーパーヒーロー。

ホームランダーとは、過去に深い関係だったらしい。

マデリン

ザ・ボーイズ(マデリン)

スーパーヒーロー会社「ヴォート社」の副社長。

モラハラ・パワハラ上等の、利益至上主義者。

アニー/スターライト

ザ・ボーイズ(アニー/スターライト)

最強のスーパーヒーローチーム”セブン”に配属された新人ヒーロー。

スーパーヒーローに憧れているからこそ、ヴォート社の言いなりにならざるを得なくなる。

ポップクロウ

ザ・ボーイズ(ポップクロウ)

Aトレインの恋人。

手首から骨を突き出す”彼”ような能力を持つ。

『ザ・ボーイズ』第3話あらすじ【収穫】

ここから下はネタバレあり。

  • 第3話の復習
  • シーズン2の予習

などにお使いください。

トランスルーセント爆殺

透明人間「トランスルーセント」は、体内の爆弾が爆発し木っ端微塵になって死んだ。

起爆装置を起動したヒューイは、その場に立ち尽くすことしかできなかった。

ザ・ボーイズ(ヒューイ)

死体を処理するビリーとフレンチーに、

「帰りたい」

と告げて、ヒューイはようやく帰宅する。

絶望と失望

無事に帰宅したヒューイ。

しかし、自分が憧れていたスーパーヒーローがどれだけ醜いか、どれだけ腐っているかを知ってしまった。

憧れのヒーローは、最低の人間だった。

その怒りを、自分の部屋にあるヒーローグッズにぶつける。

ザ・ボーイズ(ヒューイとサイモン・ペッグ)

心配する父を避けるように、家を飛び出すヒューイ。

ヒューイはスーパーヒーローに制裁を加えるため、ザ・ボーイズの元に向かった。

マザーズミルク勧誘

トランスルーセントを処理したビリーは、かつての仕事仲間「マザーズミルク」に会いに行く。

ザ・ボーイズ(マザーズミルクとビリー)

仲間になるよう説得したビリーは、マザーズミルクと共にある場所に向かう。

その場所は、死ぬ前にトランスルーセントが吐いた、Aトレインの恋人「ポップクロウ」の自宅だった。

ザ・ボーイズ(ポップクロウ)

Aトレインの悪事を暴くため、ビリーたちはポップクロウを監視する。

コンパウンドV

監視するうち、ビリーたちは奇妙な会話を耳にする。

ザ・ボーイズ(ポップクロウとAトレイン)

「コンパウンドVはどこだ?」

AトレインがつぶやいたコンパウンドVとは、どうやら身体能力増強剤のようだった。

スーパーヒーローが使えば、超能力も強化されるらしい。

スーパーヒーロー破滅の大きな手がかりを得たザ・ボーイズたちは、コンパウンドVを盗むためAトレインが出場する大会に潜入する。

ホームランダーとクイーン・メイヴ

会場には、ホームランダーとクイーン・メイヴが応援に駆けつけていた。

ザ・ボーイズ(クイーン・メイヴとホームランダー)

トランスルーセントの行方を心配するホームランダーは、いつにも増して苛ついていた。

会場に来る前に片付けた事件現場では、犯人を無残に殺したのち正当防衛をでっち上げるクズっぷり。

しかし一緒にいたクイーン・メイヴは、このことは決して口外しない。

彼らはかつて恋人関係にあり、別れた今でも複雑な関係が続いていた。

アニーの葛藤

会場には、アニー/スターライトもいた。

ザ・ボーイズ(アニー/スターライト)

人気急上昇中のスターライトに対し、ヴォート社の宣伝担当は露出の多いコスチュームの着用を強引に提案する。

セクハラまがいの提案に、

「私の衣装は私が決める」

と反対するアニーだったが、副社長のマデリンは、

「あなたは一社員にすぎないの」

「これを着なければ、あなたはクビ」

と脅され、コスチュームを着させられていた。

ザ・ボーイズ(アニー/スターライト)

ファンからは、当然のように、

「胸を見せろ」

と言われる。

アニーはその悔しさを、誰にもぶつけることができなかった。

ヒューイとアニー

同じく会場に潜入していたヒューイは、その直後にスターライトを見つける。

彼女を見るなり、ヒューイはすぐに、

「数日前に偶然出会った”アニー”だ」

と気づく。

ザ・ボーイズ(ヒューイとアニー)

とっさに声をかけたヒューイは、アニーと2人きりで話をし、連絡先を交換する。

ポップクロウの監視

Aトレインの大会が終わり、コンパウンドVも、それに関する手がかりも何も得られなかったザ・ボーイズたちは、ポップクロウの監視に戻る。

するとポップクロウは、自身にコンパウンドVを打ち込んだ。

ザ・ボーイズ(ポップクロウ)

身体能力が強化され、ハイになったポップクロウは、家賃を催促する大家とセックスをし始める。

見るに堪えない映像を見続けるザ・ボーイズたちだったが、ここで事態は急変する。

ハイになり過ぎたポップクロウは、力の加減を誤り大家を殺してしまった。

「チャンスだ」

と悟ったビリーは、自宅に押し入りポップクロウを脅迫する。

ザ・ボーイズ(ビリー)

「死体は処理してやる。代わりにコンパウンドVについて教えろ」

宣戦布告

大会終了後、ホームランダーたちは衝撃の事実を知る。

ディープが海底から拾い上げたアタッシュケースの中に、トランスルーセントの残骸が入っていたのだ。

そのアタッシュケースには、

“COMING FOR YOU(覚悟しろ)”

と書かれていた。

ザ・ボーイズは、ついにスーパーヒーローに宣戦布告した―――。

ザ・ボーイズ

まとめ

『ザ・ボーイズ』第3話の見どころ
  1. クイーン・メイヴ、本格参戦
  2. 身体能力増強剤「コンパウンドV」
  3. ザ・ボーイズ、スーパーヒーローに宣戦布告

ついにコンパウンドVの存在が明かされて、スーパーヒーローを倒す切り札が見つかった感じ。

ですが、このまま上手くいくわけもないですよね。(笑)

第4話以降がますます楽しみになるストーリーでした!