愛知県のおすすめ日本酒12種類。有名で美味しい地酒・銘柄ランキング

私の地元、愛知県(の岡崎市)。

実は、全国に推したい日本酒が集う、新進気鋭の酒の産地なのです。。

日本酒といえば、

  • 良質なお米が育つ、北陸地方
  • 寒冷で酒造りに最適な、東北地方

などが思い浮かぶと思います。

しかし愛知県は、東京と大阪の中間地点にあることから、江戸時代には灘に次ぐ酒の産地でした。

東海地方にも目を向けると、伊勢神宮のある三重県では酒造りが神事とされるなど、歴史・伝統を持つ地域でもあります。

静岡や岐阜にも美味しいお酒はありますが、やっぱり地元愛知のお酒を贔屓したくなってしまうわけですよ。。

そここの記事では、私がこれまで味わってきた『愛知県の美味しい日本酒(地酒)』をまとめていきます。

ちえまが編集部
分かりやすくランキング形式にしていますが、実際どれも美味しく、それぞれに魅力があります。

おすすめしたい人」と題して目安も記載していますので、ここの情報は一つの参考として、今飲みたい日本酒を素直に見つけてみてくださいね♪

愛知県の日本酒12位.奥(おく)

全国新酒鑑評会など、数々の大会で金賞受賞/入賞経験のある、西尾市の蔵元が造る『』。

この奥シリーズは特に人気が高く、味わいも豊かな銘柄です♪

原酒のため、アルコール度数18度以上とかなり高アルコール。

華やかな香りがあり出来るだけ濃いお酒をつくりたい。

という蔵元の想いもあり、香り高さも魅力です。

日本酒好きの間でも、好みが分かれやすい銘柄ですね。。

飲んだ瞬間、

ガツン

とくる強いお酒が好きな方、ぜひご賞味くださいませ♪

日本酒データ

蔵元の所在地 愛知県西尾市
特定名称 純米吟醸原酒
精米歩合 60%
アルコール度数 18.5度
日本酒度 +2
酸度 1.8
おすすめしたい人 濃い・強いお酒が好きな人。

愛知県の日本酒11位.蓬莱泉(ほうらいせん)

メロンや桃の香りが漂う、一風変わった日本酒「蓬莱泉」。

いつ飲んでも蓬莱泉らしい重さ・味わいがあり、通年楽しめるハズれないお酒です。

  • 老若男女
  • 和食、洋食、中華
  • 冷酒、常温、燗

誰とでも、どんな料理でも、どの温度でも飲めます。

悪目立ちする部分がなく、控えめのお酒が好きな人に合いそう。

日本酒が得意じゃない人も飲めるため、ほろ酔いしたい人にもおすすめ♪

人によっては物足りないと感じるかも…。

日本酒データ

蔵元の所在地 愛知県北設楽郡
特定名称 特別純米酒
精米歩合 55%
アルコール度数 15.3度
日本酒度 +5.0
酸度 1.3~1.4
おすすめしたい人 甘い・飲みやすいお酒が好きな人。

愛知県の日本酒10位.勲碧(くんぺき)

江南市に蔵元を置く、地元産にこだわった愛知の地酒「勲碧」。

  • 木曽川の伏流水
  • 愛知県産の原料米

など、愛知で育まれた自然を、贅沢に頂くことができます♪

辛口でありながらクセがなく、日本酒が苦手な人もいけてしまう味わい。

それでいて、のど越しはしっかり感じられ、日本酒好きも満足できる仕上がりです。

日本酒データ

蔵元の所在地 愛知県江南市
特定名称 本醸造酒
精米歩合
アルコール度数
日本酒度
酸度
おすすめしたい人 お酒好きなら誰でも。

愛知県の日本酒9位.孝の司(こうのつかさ)

地元贔屓になっちゃいますが、個人的に応援したい岡崎市の柴田酒造が造る「孝の司」。

道の駅「藤川宿」や地元の居酒屋など、いろんなところで見かけて、そのたびに一杯頂いてます♪

私一番の好みは、純米吟醸酒

やや辛口ですが、苦みがなくス~ッと頂ける飲みやすさ。

燗をつけると、ふんわり甘い吟醸香も感じられます。

和食全般に合い、特に魚料理におすすめ。

  • 食中酒なら、常温~ぬる燗で。
  • 肴と合わせるなら、冷酒でグイッと。

まろやかに仕上がる「冷やおろし」のため、いつでも誰でも飲んでほしい、身近に感じられるお酒です。

日本酒データ

蔵元の所在地 愛知県岡崎市
特定名称 純米吟醸酒
精米歩合 60%
アルコール度数 15度
日本酒度
酸度
おすすめしたい人 淡麗辛口のお酒が好きな人。

愛知県の日本酒8位.国盛/國盛(くにざかり)

知多半島、半田市にある蔵元が造る銘柄「国盛」。

香りが穏やかで料理の邪魔をしないことから、食中酒に頂きたいお酒です。

食中酒なら、味わいが淡麗になる冷酒でぜひ。

  • 吟醸香を楽しみたい
  • お米のうま味を感じたい

というときは、ぬる燗~熱燗で。

アルコール度数15度と飲みやすく、クセも少ないことから様々なアレンジもできちゃいます。

梅や柑橘など、果実と合わせてカクテルにしてもいいですね。

老若男女、いろんな人に味わってほしいお酒です。

日本酒データ

蔵元の所在地 愛知県半田市
特定名称 純米吟醸酒
精米歩合
アルコール度数 15度
日本酒度
酸度
おすすめしたい人 食中酒に、いろんな人に飲んでほしい。

愛知県の日本酒7位.白老(はくろう)

知多半島にある、200年近く続く老舗蔵で造られる「白老」。

地元の伏流水を仕込み水に、

  • 山田錦
  • 五百万石

といった酒米を使って造られる、こだわりが詰まった日本酒です。

地元の伏流水と相性のいい米麹を厳選して製造していることから、その土地ならではの地酒らしさを感じられます。

地酒の魅力は、その土地の料理と合わせると味が最高に引き立つこと。

  • 刺身
  • 寿司
  • 魚料理

など、知多半島の新鮮な魚介類と一緒に頂くと、白老の魅力を最大限に感じられます。。

日本酒データ

蔵元の所在地 愛知県常滑市
特定名称 純米酒
精米歩合 65%
アルコール度数 15度
日本酒度 +2.0
酸度
おすすめしたい人 魚料理に合わせたい人。

愛知県の日本酒6位.ほしいずみ

白老と同じく、知多半島の地酒「ほしいずみ」。

山にも海にも恵まれた知多だからこそ造れる、知多の代表銘柄です。

ほしいずみといえば、純米吟醸酒がおすすめ。

  • 爽やかな吟醸香
  • のど越しを感じられるキレ
  • 料理を邪魔しないすっきりした後味

などなど、透明感のある日本酒です。

日本酒データ

蔵元の所在地 愛知県愛西市
特定名称 純米吟醸酒
精米歩合
アルコール度数
日本酒度
酸度
おすすめしたい人 すっきり系のお酒が好きな人。

愛知県の日本酒5位.菊鷹(きくたか)

菊鷹のイチ推しは、甘みが強くクリーミーな味わいの「純米 Hammingbird」。

若干、発泡酒っぽいシュワシュワ感

そして、後から追いかけてくる甘い香り。。

時間が経つと酸味も加わり、お米のうま味を深く感じられるようにもなります。。。

時の経過とともに変化する味わいを、じっくりと楽しむことができますよ。

  • 唐揚げ
  • 焼き魚

と一緒にどうぞ♪

日本酒データ

蔵元の所在地 愛知県稲沢市
特定名称 純米原酒
精米歩合 70%
アルコール度数
日本酒度
酸度
おすすめしたい人 油ものから魚料理まで、食事と一緒に味わってほしい。

愛知県の日本酒4位.長珍(ちょうちん)

見た目にインパクトがあり、酒店で見かけたことのある人も多いはず。

新聞紙で包む理由
  • 日本酒を、天敵である光から守るため。
  • お酒造りに極力お金をかけるため、包装はお安く。

このような理由から流通し始めた「新聞紙シリーズ」が有名ですね。

今では安っぽさどころか、何本もシリーズ化されるほど人気を集める銘柄に成長しています♪

味わいは、

  • ほんのり甘味あり
  • ややシュワシュワ
  • 淡麗で飲みやすい
  • ガツンとキレる

などなど。。

一言で言うと、飲みやすい。

飲み方
  • 日本酒に慣れていない人は、冷酒にして爽やかに。
  • 米のうま味を感じたい人は、ぬる燗~熱燗で香味を引き立たせて。

どの温度・飲み方でもいける、万能の日本酒です。

日本酒データ

蔵元の所在地 愛知県津島市
特定名称 純米吟醸酒
精米歩合
  • 麹米50%
  • 掛米55%
アルコール度数 18度
日本酒度 +10
酸度 2
おすすめしたい人 日本酒通に、いろんな飲み方で味わってほしい。

愛知県の日本酒3位.義侠(ぎきょう)

愛知県の蔵元ですが、各県で採れる最高ランクのお米(兵庫県産山田錦、富山県産五百万石etc.)を使い造られる、こだわりの一品。

地元産にこだわる銘柄をつい応援したくなっちゃいますが、義侠のように『高品質で美味しい日本酒』をとことん追求する潔さも、また良し。

そのこだわり通り、お米のうま味が存分に引き出されていて、鼻を抜ける香りも爽やかです。

冷酒でキレを楽しんだり、

  • ぬる燗
  • 熱燗

など燗をつけて、お米の濃醇さを引き立たせる飲み方もおすすめ。

飲んだ瞬間、重みが、

ずどんっ

ときます。

ちえまが編集部
本当に美味しい、こだわりまくりの銘柄です。。

日本酒データ

蔵元の所在地 愛知県愛西市
特定名称 純米大吟醸酒
精米歩合 35%
アルコール度数 16.5度
日本酒度 +3.5
酸度 1.2
おすすめしたい人 大吟醸好きなら、間違いない。

愛知県の日本酒2位.二兎(にと)

我が地元岡崎市の老舗蔵元「丸石醸造」さんが造る、個人的に応援している銘柄「二兎」。

銘柄の二兎は、『二兎を追う者は一兎をも得ず』の二兎。

しかし、丸石醸造が命名した真の由来は『二兎を追う者しか二兎を得ず』。

  • 味と香
  • 酸と旨
  • 重と軽
  • 甘と辛

といった一見して二律背反する要素を、最高のバランス・味わいで楽しめるよう贅沢に追い求めたお酒です。

二兎の銘柄には、このような意味があるそうです。

この想いの通り、香味・酸味のバランスが絶妙なのです。。

  • 原料米の濃醇さ・甘さ
  • 後味の爽やかさ・辛み

どちらも適度に味わうことができる、(岡崎市贔屓じゃなくても)おすすめしたい銘柄です♪

辛みが強いため、同じくらい濃い味の料理と合わせてお楽しみください。

日本酒データ

蔵元の所在地 愛知県岡崎市
特定名称 純米酒
精米歩合 65%
アルコール度数 15度
日本酒度
酸度
おすすめしたい人 完成されつつ新しい味わい。バランスのよい一品。日本酒通におすすめ。

愛知県の日本酒1位.醸し人九平次(かもしびとくへいじ)

ちえまが編集部
やっぱりか。

というツッコミは、なしで…(笑)

愛知県を代表する、そして個人的にも全国に推したい地酒ナンバー1は、萬乗醸造さんが造る「醸し人九平次」。

その中でも特に推したい銘柄「別誂(べつあつらえ)」は、ワインのように香り高く、上品な味わいがたまりません。。

近年、ワインの本場ヨーロッパで日本酒が人気になっている(らしい)ことから、醸し人九平次も世界各国で活躍しているそう。

ミシュランの三つ星レストランでも提供される、一流シェフも認める銘柄です。

いい意味で日本酒らしくなく、初めて飲む人も日本酒マニアも誰もが驚き満足できる1本です。

味わう際は、ぜひワイングラスで…♪

日本酒データ

蔵元の所在地 愛知県名古屋市
特定名称 純米大吟醸酒
精米歩合 35%
アルコール度数 16~17度
日本酒度 ±0
酸度 1.6
おすすめしたい人 名古屋代表。愛知代表。ワインの名産地ヨーロッパ地方に誇る名酒。

  • 日本酒好き
  • ワイン好き
  • お酒好き

いろんな人に味わってほしい。

まとめ

お好み 銘柄
強いお酒が好きなら…。
  • 奥(おく)/純米吟醸原酒
  • 孝の司(こうのつかさ)/純米吟醸酒
  • 義侠(ぎきょう)/純米大吟醸酒
  • 二兎(にと)/純米酒
柔らかいお酒が好きなら…。
  • 蓬莱泉(ほうらいせん)/特別純米酒
  • 白老(はくろう)/純米酒
  • ほしいずみ/純米吟醸酒
全員におすすめ♪
  • 勲碧(くんぺき)/本醸造酒
  • 国盛(くにざかり)/純米吟醸酒
  • 菊鷹(きくたか)/純米原酒
  • 長珍(ちょうちん)/純米吟醸酒
  • 醸し人九平次(かもしびとくへいじ)/純米大吟醸酒
ちえまが編集部
どれにしようか迷う…。

という人は、最初に味わうなら、

  1. 醸し人九平次
  2. 長珍

この2つの銘柄なら間違いなし♪

どちらもうま味と酸味が適度で、飲みやすいのに飲みごたえもあるお酒です。

まだ飲んだことのない愛知の地酒があれば、ぜひ挑戦してみてくださいね。